2012年04月28日

iMac 27inch Late 2009 SSD追加

特に困ってないが(?)、SSDを手に入れたのでSSD化する。
2009LateだとSSDが純正マウントで追加出来ない(2010からかな?)
1TBのHDDと置き換えても良いが、温度センサ関係で面倒くさくなるし、容量が足りない。
そこで、iMacのSuperDriveを取り除いて、そこにSSDを入れる事にする。

吸盤を使って、ガラスをひっぺがす。
th_DSC_0151.jpg

ちなみに必要な工具は、トルクスのT10。
T6はHDD入れ替える時に必要なので、今回は必要ない。

液晶裏のケーブルを抜きつつ液晶を浮かせる。
SSD入れるだけなので、今回は液晶を浮かせるだけにしている。
マッキー大活躍。
th_DSC_0152.jpg

目標のSuperDrive
th_DSC_0157.jpg

剥ぎ取った後。
T10が4本で止まってる。
th_DSC_0158.jpg

SuperDrive。
マウント付きなので、マウントからドライブを取る。
これもT10が4本で固定。
th_DSC_0160.jpg

で、今回のキモのドライブケース。
コレが無いと始まらない。
売ってる所が少ないので注意。
th_DSC_0161.jpg

SSDを入れ込んで、マウントを装着。
マウントは多少加工しないと入らないので注意。
th_DSC_0162.jpg

本体に装着。
th_DSC_0164.jpg

で、後は液晶を戻して、ガラス戻しておしまい。
と簡単に書いてるが、かなり面倒くさい。

スバル車のプラグ交換を行うような面倒臭さ(分かる人少ない)

で、その後はディスクユーティリティーでHDDをSSDに丸コピーして、起動ドライブ変更しておしまい。

最後にSSD化に伴い設定変更
面倒くさいので簡単な方法で。

☆rc.localで更新時間の書き込みを禁止
 vi /etc/rc.local

 #!/bin/sh
 mount -u -o noatime /

 chmod 755 /etc/rc.local

☆SSDのジャーナルを無効に。
 sudo diskutil disableJournal /


iTunesのライブラリ移行
 iTunesフォルダをHDDに丸コピ。
 iTunesの設定から、環境設定>詳細>フォルダの場所を変更
 一旦、iTunes落とす。
 optionボタン押しながらiTunes起動して、新しいフォルダを指定してやる。


  

posted by どのーまるQ at 23:36 | Comment(0) | PC